爪をもんで元気になろう

爪を揉むと元気になるのはご存知ですか。昔からある健康法で両手の10本の指の爪の生え際を押しもむだけで体質改善、疲れ解消の効果があります。
 
写真のように爪の生え際の角2点をもう一方の手の親指と人差し指で挟んで、少し痛いと思うくらいの力で10秒ほど押しもみます。
 
これを全ての指で行うだけです。
 
親指は肺などの呼吸器、人差し指ほ胃腸などの消化器、中指は耳、小指は心臓などの循環器の働きを高める効果があります。
また薬指は交感神経を刺激し、その他の指は副交感神経を刺激します。
全ての指をもむことで自律神経のバランスが整います。
特に調子のよくない症状があるときは該当する指を20秒もんでもオッケーです。
 
これを一日2〜3回行うと早い人は数日、遅い人でも一ヶ月くらいで疲れの症状が改善します。ぜひお試しあれ。

関連記事

免疫を強くする食生活のコツ

①塩にこだわろう 塩をいってもいろいろあります。ここでは精製された塩ではなく、粗塩や天然塩をおすすめします。 精製された塩は粗塩や天然塩に比べて圧倒的にミネラルが少なくなっています。 少し精製された塩より値段は張りますが […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です