よく笑う人は病気にならないかは本当か?

『そういえばここ最近笑っていない』

癌など重度の病気を患っている人に聞くとそういう人が多いそうです。みなさんはどうでしょうか。

ここ一週間大笑いしましたか?

 

たまの休日くらい大笑いすると、とてもいい効果があります。

笑いには副交感神経を優位にする効果があります。大笑いした時涙や鼻水が出たことはないですか。

それは副交感神経の作用で排泄、分泌が促進されたためです。

 

また笑うと脳内麻薬であるβエンドルフィンが分泌され、気分がよくなります。

その他にがん細胞を攻撃するNK細胞が活性化することもわかっています。

 

顔をクシャクシャにして身がよじれるほど笑うと身体の中で起こるさまざまな化学反応、代謝を媒介する

酵素の働きがとてもよい状態になります。

代謝がよくなると食べ物から効率的にエネルギーを摂取でき、新陳代謝も活発になります。

大笑いするとβエンドルフィンの効果で重くのしかかっていたストレスが軽く感じられ気分もスカッとします。

お金をかけずに健康になるには笑いは大変有効といえます。

 

お笑い番組や、落語などなんでもいいので大笑いをしましょう。

関連記事

癒しの秋

秋ですね~ずいぶん涼しくなって、夏の疲れが出やすい時期です。   気温差も手伝って、余計にしんどいと感じる方も多いと思います。   暑かった夏から涼しい秋、気温が下がる冬へと身体自身も変化しようとして […]

詳細を見る

花粉症のツボ押しのコツ

今日、天気予報を見ていたら毎年恒例の花粉情報が『非常に多い』になっていました。 つい数日前は『少ない』だったのに急な花粉の飛散増加に驚きと今年もきたかと愕然としました。 そこで今回は少しでも花粉症の症状を抑えたい方必見の […]

詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です